レディースコーデにおいてのTシャツに合う帽子、キャップやハットの選び方を紹介します。

Tシャツ、ボトムス、靴と決めて最後に考えるのはやはり帽子。
でも、なかなか決め辛い、またはどうやって決めていいかわからないと感じたことはありませんか?
今回はそうしたレディースコーデにおいてのTシャツに合う帽子の選び方、
その中でも手に取りやすいキャップやハットの選び方について紹介します。

・Tシャツに合いやすいキャップの選び方

活発的でボーイッシュさが強く感じられるのがキャップをレディースコーデに使う際の特徴です。
また若干ヤンチャ感もプラスされるので
日常的なカジュアルスタイルにはぴったりです、
キャップのこうした要素は一定の大人らしさにも繋がるので20代前後中心に扱いやすいアイテムと言えるでしょう。
キャップは生地や模様が個性的な物など様々なタイプがありますが一目で分かりやすい物だと印象もはっきりしやすいです。
特にデニムや迷彩柄などは遠くから見ても存在感がしっかりあるといえますね。
もちろん、トータルファッションとしての色合いや個性の強弱の調整は不可欠なので
Tシャツの個性が強い時などにはアンバランスにならないように若干個性を控えめに
したアイテムを用いることが望まれます。

キャップのカラーリングについてはTシャツのみならず髪の毛の色合いも考えて選択をしましょう。
あまり色数を使わないようにTシャツ、髪の毛、キャップ間で3~4色程でまとめてみるのと
統一感も出てきてバランスも良くなります。

レディースの全体的な色合いの構築に対して言えることですが基本は髪の毛、Tシャツをベースに
他部位のアイテムのカラーを決めていくと良いでしょう。Tシャツが赤めだったらグラデーションの様に
キャップには赤めの薄い色を選んだり個性がお互いにはっきりしやすい青いキャップを選んだりなどアイテムごとに
なにかしらの関係性を持たせながらコーデしていくと、映えやすくなりますよ。

肌が日焼けしている場合にも対照的にするためにキャップのカラーリングは明るい物系統を選んだりなど
肌の露出にも関係してくる事柄なので季節によってもキャップアイテムのチョイスは違ってきます。

・Tシャツに合いやすいハットの選び方

レディースコーデにおけるハットを選ぶ際に重要な事はやはりシルエット面での大きさのバランス。
特に背が低かったり肩幅が小さい傾向にある女性は体に対してハットの大きさが吊り合って無くてはなりません。

キャップではなくハット系統のアイテムを選ぶ理由としてはそのフォルムから感じる落ち着きや
気品さを自身に付加する事が目的になりますが、その分体格や身長に合わせておかないと
魅力が十分に発揮できない傾向にあるんです、そのためバランスが重要と言えるわけなんです。
このように品格など大人の魅力を引き出しやすい傾向のアイテムであるので
合いやすい年代としてはキャップより大人の年齢層が考えられるでしょう。

またハットの色合いに関してはキャップよりも面積が多いアイテムである分、印象に残りやすく、またそのアイテムの大きさから
髪の毛も隠れがちです。
そのためキャップでは髪の毛の色との関係性を考えなくてはいけませんでしたが
ハットにおいては逆にハットの個性やカラーから上半身、そして全体の色合いを決めていくようにすると
コーデも決まりやすいです。

以上のような要素が魅力的なハットなのでどちらかというとカジュアルスタイルよりはドレススタイルやブランドコーデなどの
上品さを重点においたファッションと相性が良いです。
各アイテムと合わせて相乗効果やまとまりが得られるようなファッションにしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする